入れ歯/義歯~お口にフィットする入れ歯を製作します

歯を複数本失った場合、その治療法は最もポピュラーな「入れ歯」や「ブリッジ」などから「インプラント」まで、いろいろ考えられます。

入れ歯のイメージでは「手入れが大変」「外れてカクカクする」「見た目が悪い」などが考えられますが、必要最低限の材料などで作る「健康保険対応の入れ歯」とは違い「自費による入れ歯」の場合は、お口にフィットする金属やナイロンなどを素材とし技術の進歩により、しっかりと噛め美味しく食べることも可能です。
なお、自費の入れ歯では、審美性にも優れたものも製作が可能です。

当院では、患者さんの希望をしっかりとお聞きして、満足いただける入れ歯の製作を行っています。
また、他医院で作られた入れ歯が合わなくなった場合の調整、一部が壊れた場合の修理も行いますので、気軽にご相談ください。

入れ歯の種類について

入れ歯はその形からは「総入れ歯」「部分入れ歯」の2種類に大きく分けられます。
また、作られる素材や形状によって「健康保険に適用される入れ歯」「自費となる入れ歯」にも分けられます。

自費の入れ歯は、いろいろなバリエーションがあるので、患者さんのニーズをしっかりとお聞きしたうえで、フィットする入れ歯を提供します。

ソフトデンチャー(柔らかい入れ歯)

入れ歯を固定するためには、一般的には「クラスプ」という金属や樹脂でできた引っかける用具を使います。
ところが、「ソフトデンチャー」は、ナイロンなどの柔らかい素材を使っています。

そのため歯ぐきにピタッと吸いつくように固定され、見た目も自然で入れ歯と判らないのが特徴です。
インプラントにしたいけれど手術が怖い方への当面の入れ歯としてもとても人気があります。

ソフトデンチャーは、「目立たない・丈夫・噛める・痛くない」などメリットも多い新しいタイプの入れ歯で、金具の無いため金属アレルギーの方などにも最適です。
ソフト・デンチャーは自費(保険外)診療です。
PAGE TOP ▲