一般歯科

虫歯の治療

もっとも代表的な歯の病気といえば、虫歯と歯周病、そしてその原因はお口の中で繁殖する細菌です。
皆さんは、この2つの病気が日本人が歯を失う要因となっていることは、ご存知でしょうか?

初期の虫歯や歯周病は痛みが殆どわからないため、つい放置してしまいがちですが、早めに発見して早めに治療することで、大切な歯を守るだけでなく、時間や費用も低く抑えられます。


虫歯の進行[C0⇒C4]
 基本的な虫歯治療の方法
初期(C0)
歯を削らず、ブラッシングやフッ素などで治します。
エナメル質に進行(C1)
虫歯に冒された部分を削り、歯科用プラスチックを詰めて治します。
象牙質に進行(C2)
虫歯に冒された部分を削り、歯科用プラスチックやインレー(詰め物)で治します。
神経まで進行(C3)
神経と炎症が起きている部分を治療してから、クラウン(被せ物)で治します。
末期の状態(C4)
C3と同じような治療を行うか、最悪のときは抜歯をします。

根管(歯髄)の治療

虫歯が進行すると、虫歯が歯の神経(歯髄)まで達して炎症を起こします。
炎症が進行すると健康な神経が細菌に侵され、徐々に腐っていきます。

虫歯が進行しても放置したままのとき、最初は痛みがあったのに、痛みが感じなくなり口臭が強くなってきたようなときは、神経(歯髄)が壊死していることも考えられます。

根管の治療は、傷んだ歯の神経と病巣(細菌)を全て取り除いて、歯の神経が入っていた管(根管)の内部をキレイに洗浄する必要があります。
ただし、根管は「目に見えないほど細かいものもある」ので、その内部を全て洗浄するには多くの時間が必要となります。